賃貸住宅を借りるには保証人の存在が欠かせません

全保連に聞く保証人の重要性とは

新生活を送ることになり、実家を離れて一人暮らしをする人も多いのではないでしょうか。
また、ファミリー層や単身者であっても社会人の場合でも転勤や引越しが必要になり、新しい住宅に引越しをすることを必要とする場面もあります。
この中で賃貸マンションやアパートなどを借りて住むことを必要とする場合では、契約時については一連の流れとして保証人を用意することが欠かせない内容です。

賃貸物件では家賃を毎月に支払うことが必要になるので、信頼できない方の場合では貸すことができません。
そのため審査の段階では職場や得ている収入や他の個人情報を調べられてしまうことが多く、審査を通過した方だけが借りることが出来る仕組みです。

一般的な会社員として勤務している方は勿論ですが、学生さんなどの場合で親がしっかりと収入を得ている場合では何ら問題の無いものと判断することができますが、実際にはそれでも家賃トラブルというものが発生してしまうこともゼロとは言えないので保証人の存在が欠かせないと全保連株式会社は言っています。

トラブル事例

実際にどのようなトラブルが起きてしまうと想定されているかと言えば、例えば失業などを挙げることができます。
失業してしまったことで家賃を支払えない方も多く、このケースでは補償問題が発生してしまいます。

十分な収入を得ている方であっても本人の生活習慣や近隣へのトラブルなどによって、家賃収入が滞ってしまったり、何かしらの被害が物件に及んでしまう可能性も否定できません。

そのため、賃貸物件の保証人に関しては常に利用者が正しい生活を送ることを前提にしているので、破損事故や滞納事故についても保証することが求められています。

身内が保証人になるケースが多い

一般的には身内が保証人になることが非常に多いものでしょう。
子が借りる場合では親がなったり、ファミリー層の方が借りる場合では、その兄弟や親戚などが担当することが多いものです。

本人にもともと信頼度がある場合では、問題なく保証人になってもらえることが多いものですが、そうではない環境の方が存在していることも事実ではないでしょうか。

例えば兄弟が存在していない方、親戚が疎遠になってしまっている方、そもそも信頼度が低い方のケースでは探すことが非常に困難になる可能性が出てきます。
このようなケースでは賃貸物件をそのまま借りることができなくなってしまうので、他の手段を選択してみることがおすすめの方法です。

一つの提案としては保証人を必要としない物件も数多く提供されています。
このような物件に住む方法で保証に関してはクリアすることができるので、困ってしまった方は該当する物件をメインとして探すことが賢明です。

会社の引っ越しなどで物件を借りる場合

会社の引っ越しなどで物件を借りる方のケースでは、会社によって違いはありますが会社側が保証を行ってもらえる可能性も十分にあります。
そもそもが社宅として提供されているような物件であれば何ら問題がないものと判断できますが、そうではない物件でも会社側に相談してみることで解決できる場合もあるでしょう。

それでも良い物件を見つけることができなかった方や、保証をしてくれる方が存在していない場合では、現在では便利なサービスを提供している会社が存在しています。

一例としては一切の保証を引き受けてくれる会社があります。
このようなサービスの場合では月々に支払う家賃が高めになってしまう場合が多いのですが、身内や親戚などが居なくて困っている場合では、このサービスを活用すると基本的にはどのような物件でも借りることができます。

年金生活や生活保護などでも入居可能な物件もある

会社の利用に関しては、不動産会社によって取り扱いが異なる場合があり、既に管理会社と提携を行っている場合もあります。
もしも利用した不動産会社で対応していない場合では、提携をしている不動産会社を探してみることで問題をクリアすることができます。

賃貸物件の場合でも非常に様々な物件が提供されていて、中には年金生活や生活保護など比較的低収入の方であっても入居可能にしている物件もあります。

もしも住宅探しで保証について困ってしまい、誰の助けを得ることもできない状態にある方の場合では、該当する市に相談した上で物件探しを行う方法も用意されているので安心した生活を送ることは不可能ではありません。

どのような賃貸物件であっても入居後に関しては本人がきちんと家賃を支払って、トラブルなどを起こさずに生活を送ることがルールでありマナーです。
持ち家ではない限り、あくまで借りている室内になるので、正しい生活を心掛けることは欠かせない部分です。

もしも家賃の支払いについて困ってしまった場合では、早急に対応することが必要になるので、遅延したままで放置して生活を続けることだけは避けることが重要です。

若い世代の方であれば、将来的に問題のある人物にリスト入りしてしまう可能性もあるので、この点にも十分に留意しながら物件を借りることが欠かせないことです。正しく利用していると次の物件の審査も通りやすくなります。