石焼き芋が有名ですね

移動販売というと何を思い浮かべるだろうか。

色々なところに車など出向いて物品を販売するのが移動販売だが、一口に「移動販売」といっても様々なスタイルがある。

日本では江戸時代から「屋台」を含め長い歴史をもってるようだ。

豆腐に魚、物干し竿、寒い季節になってくると石焼き芋が恋しくなるしイベントなどではクレープやタコ焼きなどを売っている屋台もある。

また長崎市では「チリンチリンアイス」と呼ばれるアイスクリーム屋が名物だ。

白いかっぽう着を着たおばちゃんがシャーベット状のアイスをコーンにすくって乗っけて呉れるのだが、バラの花のようにアイスを作ってくれるので観光客にも人気だ。

移動販売車製作

様々な移動販売車がある中で私が注目したいのは「移動スーパー」である。

田舎など交通の不便なところに住む特にお年寄りなどには大変ありがたい存在だと思う。

実際私の実家でも週に3回2つのお店が回ってきてくれる。

実家のある集落は30軒ほどの小さな集落だが殆どが60歳以上で車を持っている人はごくわずか。

たまに車をもっている若い人が街に買い物に近所のおばさん達を連れて言ってくれることもあるが食材のようにちょくちょく買わなければならないものはそうそう毎回付き合うことも難しい。

週3回来てくれる移動販売のお店でずいぶん助かっているようだ。

お店のほうだって、移動販売でのもうけは多分馬鹿にならないだろう。

大型スーパーやディスカウントショップが進出してくる中での知恵を絞った生き残り作戦なのかもしれない。

安くて商品の量も幅も豊富な大型スーパーもいいが移動販売にはそれらにしか出来ない事、魅力が沢山あるのではないかと思う