介護事務資格がなくても出来る仕事

介護事務とは介護報酬を請求する事だと言うのは分かります。

日本ではかなりお年寄りの数が増えて来ているからです。

もちろんそれに伴って一人で生活をしている人もいます。

家族で暮らしていても子供がお世話をする事が出来なかったらヘルパーを頼むしかありません。

親ですから自分で面倒見たらいいと思う人でも、出来ないからと思って頼む人がいる事実があります。

もちろんそう言う人の為にもある仕事なので、出向いてやりますがそれでは人手が足りなくなる可能性があると思いました。

自分で出来る範囲はやると思っていなければ親の介護は出来ないのではないでしょうか。

それに伴う請求の作業はとても大切な事です。

最終的にはレセプトを作成して個人個人作成する事になります。

医療事務と同じような物だと思いました。

もし作業が間に合わなかったらという不安はありますが事務所によっては専門のソフトが入っているので、的確な事務処理は数字さえ間違わなければ大丈夫です。

働いているうちに頼りになる存在を目指したらきっとやりがいのある仕事に結びつくと思います。

それくらいの気持ちを持って取り組んで欲しいです。

実を言うと介護事務は資格がいると思っている人が多いですが、あまり関係ない様です。

ここのHPを参考にいろいろ勉強しました

多くの人が無資格で働いているという現実があります。

習う事ももちろん必要です。

慣れたら誰でも出来る仕事だと思いました。

あまり知識に囚われないでいいのではないでしょうか。

肩の力を抜いて下さい。