カーシェアリングとレンタカーの違い

一台の自動車を複数の購入者で共有するカーシェアリングですが、その由来は今から30年ほど前のヨーロッパで発祥したと言われています。

もともとは、公共交通機関を補完する目的で、非営利団体により導入されたのですが、その合理性と利便性により、日本やアメリカ等、世界中に広がりました。

日本では、2000年頃に初めてサービスが開始された様ですが、一般に認知された2009年頃からカーシェアリングサービスが急成長しています。

参考 ⇒ カーシェアリング 比較

もともと、重量税や車検費用、都心部の高い駐車場代金、高騰するガソリン価格等、自動車の維持費の高い日本でこそ、普及すべきサービスだったのかもしれません。

よく聞かれるのが、レンタカーとの違いです。

まず大きな違いは、その利便性です。

書類等の手続きが必要なレンタカーと違って、手続き不要で、好きな時に好きなだけ乗る事ができます。

例えば、数分から数十分、自動車が必要な場合に、レンタカーを利用する方はあまりいません。

ところが、カーシェアリングサービスでは、これが可能なのです。